メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市田柿

果皮に保湿効果 高森の会社、化粧品開発へ /長野

 飯田・下伊那地方特産の干し柿「市田柿」の果皮から抽出したエキスに、高い保湿効果があることが分かった。皮を使った化粧品開発を進めている高森町の菓子製造販売「マツザワ」がモニター調査で確認。同社は20〜22日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれる世界有数の商談展示会「国際化粧品展」で発表する。

 JAみなみ信州管内で生産される市田柿は年間約1250トン。その際に発生する皮の量は推計同約750トンに上る。同社はこれまで農業残渣(ざんさ)として捨てられてきた皮に着目。皮には肌の老化を防ぐタンニン(ポリフェノー…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです