メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

管粥神事

吉凶を占う 高山・伊太祁曽神社 /岐阜

麻の茎を割って粥の量を調べる若連中のメンバー=高山市丹生川町で

 高山市丹生川町旗鉾の伊太祁曽(いたきそ)神社で14日、市無形文化財の「管粥(くだがい)神事」があった。

 麻の茎に詰まった粥(かゆ)の量で1年の吉凶を占う神事で、旗鉾地区に600年以上前から伝わる。米と小豆、粥の中に麻の茎を入れ、農作物の出来栄えや鳥獣被害などを占うために始まった。同神社氏子の旗鉾若…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文368文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです