メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

管粥神事

吉凶を占う 高山・伊太祁曽神社 /岐阜

麻の茎を割って粥の量を調べる若連中のメンバー=高山市丹生川町で

 高山市丹生川町旗鉾の伊太祁曽(いたきそ)神社で14日、市無形文化財の「管粥(くだがい)神事」があった。

 麻の茎に詰まった粥(かゆ)の量で1年の吉凶を占う神事で、旗鉾地区に600年以上前から伝わる。米と小豆、粥の中に麻の茎を入れ、農作物の出来栄えや鳥獣被害などを占うために始まった。同神社氏子の旗鉾若…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文368文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  2. 練習ミス 罰マラソンで中2男子が熱中症 大津
  3. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  4. 猛暑 教室のTVで終業式 体育館や校庭避ける 愛知
  5. 千葉地裁 ディズニーリゾートでパワハラか 契約社員提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]