メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西洋からくり人形

原田さん夫妻「伝統文化知るきっかけに」 山口市イメージし制作、湯田温泉で展示 /山口

ハンドルを回し、人形が動く様子を見る子どもら

 山口市湯田温泉の観光施設「狐(きつね)の足あと」で、からくり人形作家、原田和明さん(41)と妻めぐみさん(41)が市をイメージして作ったオートマタ(西洋からくり人形)が展示されている。3月31日まで。観覧無料。

 和明さんは2002年に人形制作を始めた。その後、イギリスの大学院で現代工芸を学び、08年に山口市秋穂東に工房を構えた。

 作品は「からくりで楽しむ山口市」をテーマに市から依頼された。八坂神社の山口祇園祭で奉納されるサギに扮(ふん)した伝統舞踊「鷺(さぎ)舞」▽市出身の詩人、中原中也が酒を飲む様子を表現した「或(あ)る中也」▽池で傷を癒やすキツネを見た和尚が掘ると湯が出たという湯田温泉の伝説から和尚とキツネが池を掘る「白狐伝説」−−の3作品で、完成まで約2カ月かけた。

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  2. ORICON NEWS 竹内結子、第2子出産後初の公の場 息子の成長に感慨

  3. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  4. 「突然の出来事で驚きと悲しみで呆然」 竹内結子さんの所属事務所が死亡を発表

  5. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです