メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊前国苅田歴史物語

町教委・小野さん発刊 戦国時代から近代、先人の息遣い感じて /福岡

新刊を手にする小野さん

 苅田町の戦国時代から近代に迫った「豊前国苅田歴史物語」が発刊された。筆者は町教委生涯学習課の小野剛史さん(59)。約10年前に町の50年史を担当したのがきっかけで、歴史をつむぐ面白さに気づいたという。乱世を生きた人々のエピソードが随所に盛り込まれ、先人の息遣いが伝わる歴史本となっている。【山本紀子】

 小野さんは2014年秋、目の病気が分かって手術することになり、退職後に予定していた出版を早めた。「明日のことは分からない。ならば今書くしかないと思った」。散発的に書いていた原稿をまとめ、古文書を読み込んで加筆した。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 東京都内で206人の感染確認 4日連続200人超

  4. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです