メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

イランの意識変化=西川恵

 <kin−gon>

 近日中にイランに対する欧米の経済制裁が解除される。イラン革命(1979年)後、米大使館人質事件や核開発疑惑で長年、制裁下にあったが、やっと国際社会に復帰する。これは単に同国が国際社会に受け入れられるというだけの意味ではない。

 イラン革命から3年後の82年、私はテヘラン特派員だったが、こういう出来事があった。ある休日、日本大使館の片倉邦雄公使(当時)の自宅玄関が激しくたたかれた。お手伝いのイラン人女性がドアを開けると、革命機関の革命防衛隊の男数人が踏み込み、「不審な人間が逃げ込んだ。室内を見せろ」と要求した。

 片倉氏が「玄関にはカギがかかっていた。それにここは外交官の住居で、ウィーン条約に基づく不可侵権があ…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  2. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  3. 少年野球のバス、土手から転落 19人が軽いけが 福岡・うきは市

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです