メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

ニセコで人工発生実験 雪崩被害を減らせ

 雪崩被害を減らそうと、国内で28年ぶりの人工雪崩実験が、北海道ニセコ町で行われる。発生確率や規模を推定できる可能性もあり、被害軽減が期待される。

 厚く降り積もったパウダースノーの斜面で、外国人スキーヤーが雪煙を上げて滑り降りた。冬季には国内外から約80万人の観光客が訪れる国際的なスキーリゾート地・ニセコ町。スキー場のゲレンデではなく、自然斜面をスキーやスノーボードで滑走する「バックカントリー」(BC)の人気が高まっており、多くのスキーヤーがシュプールを描く。7年前から毎冬ニセコに通っているというフィンランド人映像作家のヤン・エリック・ブルンベルグさん(40)は「軽くて結晶のしっかりした雪が素晴らしい。夢のようだ」とニセコを絶賛する。

 BCは長野県や新潟県など全国各地でも行われており、認知度が高まる一方、管理されたスキー場外に出るこ…

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです