メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2016どうなる経済

自社キャラを活用 任天堂社長・君島達己氏

任天堂社長の君島達己氏=小松雄介撮影

 2016年をゲーム業界で多くの新たなアイデアが出る面白い年にしたい。従来と違った遊び方ができるゲームを出さなければ、ファンから支持を得られず、飽きられてしまう。任天堂にはゲーム業界を引っ張る使命があり、ゲームファンに新しい驚きを常に提供し続けたい。これは永遠に続く目標だ。

 今年は次世代ゲーム専用機「NX」の詳細を発表する。既存のゲーム機の後継ではなく、全く新しい発想に基づくものだ。さらに、スマートフォン(多機能携帯電話)向けゲームソフトを発売し、テーマパークのユニバーサル・スタジオと協力したプロジェクトも進める。任天堂にとっては、ゲームに関係する新たなビジネスモデルの確立に向けて、新プロジェクトを次々と世に出す重要局面だ。

 「任天堂のソフトの世界、キャラクターに触れる人を世界中で増やす」という願いを出発点にしたい。任天堂のキャラクターを映画やテレビアニメに登場させることも視野に、賛同してくれる外部企業と交渉を進める。また、スマホ向けを含め、任天堂のソフトで遊んだだけでポイントがもらえる枠組みを3月に始める。任天堂の著名キャラクターが登場するスマホ向けソフトは、年内に出せるよう頑張りたい。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  2. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

  3. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  4. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです