スキーバス転落

14人死亡、27人重軽傷 軽井沢R18

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 15日午前1時55分ごろ、長野県軽井沢町の国道18号「碓氷(うすい)バイパス」入山峠付近で、大型バスがセンターラインを越えて対向車線側のガードレールを突き破り、約3メートル下に転落して山林内の立ち木に衝突した。県警軽井沢署によるとスキーバスで、乗客・乗員計41人が乗っていた。運転手2人を含む男性9人と女性5人の計14人が死亡し、27人が重軽傷を負って長野・群馬両県の病院9カ所に搬送された。意識不明など重篤な乗客も複数人いるという。長野県警は自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で捜査を開始した。

 バスを運行していたのは東京都羽村市の「イーエスピー」で、契約社員の土屋広運転手(65)=東京都青梅市=と社員の勝原恵造運転手(57)=同=が乗務し、事故時は土屋運転手が運転していたらしい。県警は15日中にも同社を家宅捜索する方針。

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文898文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集