スキーバス転落

国交省に対策本部 運行会社に特別監査も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
スキー客を乗せて横転した観光バス。手前は現場検証をする長野県警=長野県軽井沢町で2016年1月15日午前9時11分、宮間俊樹撮影
スキー客を乗せて横転した観光バス。手前は現場検証をする長野県警=長野県軽井沢町で2016年1月15日午前9時11分、宮間俊樹撮影

 15日午前2時ごろ、長野県軽井沢町の国道18号「碓氷(うすい)バイパス」入山峠付近で、大型バスがセンターラインを越えて対向車線側のガードレールを突き破り、3メートル下に転落、男女14人が死亡、27人がけがをした。この事故で、国土交通省は同日午前、石井啓一国交相を本部長とする事故対策本部を設置した。

 国交省は同日午後、バスを運行する「イー…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文303文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集