メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキーバス転落

高速ツアーバス事故相次ぎ規制強化

関越道のバス事故で、防音壁にぶつかって大破し、多数の乗客が死傷したバス=群馬県藤岡市で2012年4月29日、本社ヘリから山本晋撮影

 長野県軽井沢町の国道18号碓氷バイパスで15日、乗客・乗員41人を乗せた大型バスがガードレールを突き破り、14人が死亡、27人が重軽傷を負った事故。長距離バスは、旅行会社が客を募集、貸し切りバス会社に運行を委託する「高速ツアーバス」で事故が相次ぎ、国土交通省は安全対策を強化してきた。

 2007年2月に大阪府吹田市でスキーツアーバスがモノレールの橋脚に衝突、27人が死傷し、12年4月には群馬県藤岡市の関越自動車道で高速ツアーバスが壁に衝突して45人が死傷した。大阪の事故は運転手の居眠り運転で、関越道の事故も運転手が眠気を感じながら運転を続けたとされる。

 関越道での事故後、国交省は運転手1人の最大運転距離を従来の670キロから夜間は原則400キロ、日中…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 社説 天皇陛下の沖縄訪問 寄せ続けた深いお気持ち

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです