メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキーバス転落

高速ツアーバス事故相次ぎ規制強化

関越道のバス事故で、防音壁にぶつかって大破し、多数の乗客が死傷したバス=群馬県藤岡市で2012年4月29日、本社ヘリから山本晋撮影

 長野県軽井沢町の国道18号碓氷バイパスで15日、乗客・乗員41人を乗せた大型バスがガードレールを突き破り、14人が死亡、27人が重軽傷を負った事故。長距離バスは、旅行会社が客を募集、貸し切りバス会社に運行を委託する「高速ツアーバス」で事故が相次ぎ、国土交通省は安全対策を強化してきた。

 2007年2月に大阪府吹田市でスキーツアーバスがモノレールの橋脚に衝突、27人が死傷し、12年4月には群馬県藤岡市の関越自動車道で高速ツアーバスが壁に衝突して45人が死傷した。大阪の事故は運転手の居眠り運転で、関越道の事故も運転手が眠気を感じながら運転を続けたとされる。

 関越道での事故後、国交省は運転手1人の最大運転距離を従来の670キロから夜間は原則400キロ、日中は500キロへと基準を変更した。基準を超える距離を走るバスには、複数の運転手が必要になった。

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです