スキーバス転落

「なぜカーブが多い道に」首ひねる同業者

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
現場付近の地図
現場付近の地図

 スキー客を乗せて暗闇の峠を走っていたバスに、何が起きたのか。長野県軽井沢町の国道18号碓氷バイパスで15日、乗客・乗員41人を乗せた大型バスがガードレールを突き破り、14人が死亡、27人が重軽傷を負った事故。今回の事故で、バスは行程表とは異なる運行ルートを走っていた。他の旅行業者からは「渋滞などがない限りルートを変えることは普通あり得ない」と疑問の声が上がる。

 スキーやスノーボードのバスツアーを手がける東京都内の旅行代理店によると、どのルートを運行するかは旅行会社があらかじめ作成した行程表にのっとってバス会社が運行するルールになっている。今回のツアーでは、往路は松井田妙義インターチェンジ(IC、群馬県)から上信越自動車道に入り、佐久IC(長野県)で一般道に戻って複数のスキー場を巡る予定だった。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文648文字)

あわせて読みたい

注目の特集