インフルエンザ

全国的な流行期に 厚労省手洗い呼びかけ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は15日、インフルエンザが全国的な流行期に入ったと発表した。流行入りが年を越したのは9シーズンぶり。今月4〜10日の1週間に全国約5000カ所の医療機関から報告された1医療機関あたりの患者数が平均で2.02人となり、流行の目安である1人を上回った。

 流行が遅れた理由について、厚労省の担当…

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文314文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集