メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フェイスブック

インスタント記事 主要5紙参加の理由

フェイスブックの「インスタント記事(アーティクルズ)」サービスへの参加を表明した各メディアの担当幹部ら=2016年1月14日午前11時48分、尾村洋介撮影

 SNS最大手の米フェイスブック(FB)は14日、東京都内で記者会見を開き、同社のモバイルアプリ上でニュースを配信するサービスを日本でも導入すると発表した。当初は毎日、朝日、読売、産経、日経の5新聞社とニュースサイト「東洋経済オンライン」を運営する東洋経済新報社が参加する。新聞社系のニュースが届きにくくなっている若年層を多く抱えるSNS上でのニュース配信が、日本でも本格化しそうだ。

 サービス名は「インスタント記事(アーティクルズ)」。リンクで各メディアのサイトに飛ぶのではなく、ア…

この記事は有料記事です。

残り1888文字(全文2130文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ヘンリー王子夫妻引退 厳しい条件「自由の代償」英メディア分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです