メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デーリー通信

(7)アカデミー賞候補者、2年連続全員白人に失望の声

 【ロサンゼルス長野宏美】14日に発表された第88回アカデミー賞(米映画芸術科学アカデミー主催)の演技部門の候補者20人が、2年連続で全員白人だったことから失望の声が広がっている。ソーシャルメディアでは「オスカーは真っ白」というハッシュタグができ、黒人に対する冷遇が指摘されている。

 アメフット選手の脳しんとうが題材の「コンカッション(原題)」で医師役を演じたウィル・スミスさんは前哨戦のゴールデン・グローブ賞では主演男優賞候補(ドラマ部門)入り。西アフリカの少年兵を描いた「ビースト・オブ・ノー・ネーション」のイドリス・エルバさんも同助演男優賞候補に選ばれ、アカデミー賞のノミネートが期待されていた。

 興行的に成功を収めた作品も黒人は候補入りできなかった。伝説的ヒップホップ・グループの伝記映画「スト…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文851文字)

長野宏美

2003年入社。水戸支局、社会部、外信部を経て2015年4月から現職。社会部時代は警察庁や裁判員裁判などを担当。2008年の北京五輪を現地で取材した。元プロテニスプレーヤーで、1995年全日本選手権シングルス3位、ダブルス準優勝。ウィンブルドンなど4大大会にも出場した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 売れると「認められた」7割 メルカリ、利用者意識調査

  2. 聖火が走ったまち1964-2020 奈良・興福寺 ビール瓶掲げ練習

  3. 五輪マラソン札幌移転でIOC会長が懸念を否定「日本の方々は心配や落胆をしなくていい」

  4. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  5. 昔話のように語り継がれる一日に 古里の農道で「花嫁行列」 三重・伊賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです