メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

須崎・木原組 新ペア、視線は平昌 あと2年「まだまだ努力」

ペアでフリーの演技を行う須崎(上)、木原組=手塚耕一郎撮影

 2018年平昌(韓国)冬季五輪を目指して今季、日本のフィギュアスケート界に新たなペアが加わった。16歳の須崎海羽(みう)と23歳の木原龍一組(木下ク)だ。五輪出場には2人とも同じ国籍を有することが条件で、日本では現在、その条件を満たして本格的に活動する唯一のペア。開幕までの2年間で「目指すべき場所」に向け、新たな世界を切り開こうとしている。

 札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われた昨年末の全日本選手権。出場3組中3位で、1位の…

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです