メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みちのく建物探訪

塩釜市・杉村惇美術館 曲線美しい旧公民館 /宮城

重厚な本館正面。外壁には地元産の塩釜石も

 塩釜市の市街地や松島湾を見下ろす丘に、2階建てのレトロな建物がある。街の象徴である奥州一之宮・塩釜神社と、県道を挟んで向かい合う。1950(昭和25)年、水産業でにぎわった同市の文化活動拠点となる公民館として建設された。公民館設置は、連合国軍総司令部(GHQ)の意を受けた政府が全国の自治体に指示したもので、塩釜はその草分けだったという。

 現在は市の有形文化財に指定され、塩釜を拠点に活動した洋画家、杉村惇(じゅん)(1907〜2001年…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1078文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです