メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知りたいTPP

経済効果「楽観的」の声 前提次第で試算変動

 政府は昨年末、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)による経済効果試算を公表し、国内総生産(GDP)を実質で約14兆円(約2・6%)押し上げ、雇用も約80万人増加するとした。懸念が根強い農林水産物の生産額の減少は最大で2100億円にとどまるとし、TPPのメリットを強調した内容になったが、中小企業や農家らからは「楽観的すぎる」との声が上がっている。

 政府は今回の試算に当たり、TPPで関税が撤廃・削減される効果に加え、貿易に関するルールが決められた…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 恵方巻きの廃棄削減を 農水省、節分を前に各社に要請

  4. ライフスタイル ゴミ分別が徹底された結果、ゴミが街に溢れた!? イタリアのゴミ事情はこんな感じ(GetNavi web)

  5. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです