自動運転車

米政府、実現後押し 10年間で4700億円

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン清水憲司】フォックス米運輸長官は14日、自動運転車や車に通信機能を持たせる「つながる車」(コネクテッドカー)技術の実用化に向け、10年間で40億ドル(約4700億円)を投じる計画を発表した。公道での試験走行を容易にする規制整備も急ぐなど、実現を後押しする方針だ。

 オバマ大統領が2月に議会提出する2017会計年度(16年10月〜17年9月)の予算教書に盛り込み、試験…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

あわせて読みたい

注目の特集