スキーバス転落

乗客「直前に左右に何度も激しく揺れた」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
転落したスキーバスが撤去された後、散乱した乗客らの持ち物などを探す長野県警の捜査員=長野県軽井沢町で2016年1月15日午後0時49分、宮間俊樹撮影
転落したスキーバスが撤去された後、散乱した乗客らの持ち物などを探す長野県警の捜査員=長野県軽井沢町で2016年1月15日午後0時49分、宮間俊樹撮影

運転手2人を含む男性9人と女性5人の計14人死亡

 15日午前1時55分ごろ、長野県軽井沢町の国道18号「碓氷(うすい)バイパス」入山(いりやま)峠付近で、スキーツアー客らを乗せた貸し切り大型バスが対向車線側のガードレールをなぎ倒し、約3メートル下に転落して立ち木に衝突した。乗客39人と運転手2人の計41人が乗っており、運転手2人を含む男性9人と女性5人の計14人が死亡。27人が重体を含む重軽傷で病院に搬送された。国土交通省によると、10人以上が死亡したバス事故は、長野市で1985年1月に25人が死亡した犀川スキーバス転落事故以来。【巽賢司、川辺和将】

 県警軽井沢署捜査本部は15日夕、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で、バスを運行した東京都羽村市の「イーエスピー」へ家宅捜索に入った。

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1251文字)

あわせて読みたい

注目の特集