メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキーバス転落

タイヤ痕1本、直前に片輪浮いて走行か

ガードレールを突き破り転落したスキーバスのタイヤ痕=長野県軽井沢町で2016年1月15日午後2時52分、宮間俊樹撮影

14人死亡、2人重体、24人が重軽傷の大惨事に

 長野県軽井沢町の国道18号「碓氷(うすい)バイパス」入山(いりやま)峠で15日未明に起きたスキーツアーバス転落事故は、運転手2人を含む男性9人と女性5人の計14人が死亡し、2人が重体、24人が重軽傷を負う大惨事となった。バスは事故直前、蛇行していた可能性があることが乗客らの証言で判明。車外に投げ出されたり上半身などが車外に出たりした状態の遺体も多く、県警軽井沢署捜査本部は何らかの原因でバスがかなりの速度になっていたとみている。一方、路上にはタイヤ痕が1本しか残っていなかったことが、国土交通省が委託した事業用自動車事故調査委員会の調査で分かった。調査委はバスが事故直前に傾いて片輪が浮いた状態で走行したとみている。

 国交省によると、10人以上が死亡したバス事故は、長野市で1985年1月に25人が死亡した犀川スキー…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文1103文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです