メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング教室

目指せ!未来の五輪選手 メダリストらがアドバイス 県内開催3競技、普及イベント始まる /千葉

宮原選手らの指導を受けながら練習する「レスリング教室」の参加者=松戸市の県立松戸南高校で

 2020年の東京五輪のうち、県内開催が決定した3競技(レスリング、テコンドー、フェンシング)を普及させるイベントが16日、県内で始まった。イベントは県主催で、第1弾として、同日、県立松戸南高校でレスリングの歴代メダリストらを招き、レスリング教室が開かれた。五輪機運の醸成に向けて企画され、2月に残る2競技のイベントも行われる。【橋口正】

 この日のイベントには、県内のレスリングクラブや中学レスリング部員ら約180人が参加。1964年の東…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです