メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラム台頭

アラブの春5年・第1部/下 弾圧「対テロ」にすり替え シリア・政権が招いた混乱

 シリア政府軍の離反将校を中核とする武装組織「自由シリア軍」は約5年に及ぶ内戦の初期、反体制派の旗頭だった。しかし、過激派組織「イスラム国」(IS)などイスラム勢力の台頭と入れ替わるように存在感は急速に薄れた。「副司令官としての私の役割は遠い昔に終わった」。滞在先のトルコ南部アンタクヤで11日に取材に応じた自由シリア軍の元ナンバー2、マリク・クルディ氏(52)は視線を落とし、首を4度左右に振った。

 海軍大佐だったクルディ氏は2011年8月に軍を離れ、反体制派の緩やかな連合体である自由シリア軍に参…

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1405文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです