メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稲むらの火の館

アチェ津波博物館が協力協定

津波の伝わり方が学べる「津波シミュレーション」を見学するハサン氏(右から1人目)=和歌山県広川町の稲むらの火の館で2016年1月16日、高橋祐貴撮影

 「世界津波の日」(11月5日)の日付の由来となった故事で有名な和歌山県広川町の防災施設「稲むらの火の館」と、22万人以上が犠牲となった2004年のインド洋大津波で特に大きな被害を受けたインドネシア・アチェ州のアチェ津波博物館が16日、協力協定を結んだ。津波対策の情報交換などに取り組むとしている。

 阪神大震災から21年となる17日に合わ…

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです