メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキーバス転落

運行記録計の確認難航 車両激しく破損

屋根がくの字に折れ曲がり、運転席(右手前)や側面の窓も割れて車内の備品が散乱したスキーバス=長野県軽井沢町で2016年1月15日午後2時23分、宮間俊樹撮影

 長野県軽井沢町で起きたスキーツアーバス転落事故で、バス車両が激しく破損したため、長野県警軽井沢署捜査本部が運行記録計(タコグラフ)のデータ取り出しに難航していることが、捜査関係者への取材で分かった。走行速度などが記録されており、捜査本部は事故直前のバスの状態を解析する重要な証拠物とみて取り出し方法を早急に検討する。

 運行記録計は、国土交通省令などにより貸し切りバスなどへの設置が義務付けられている。バス運行会社「イ…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです