大相撲初場所

白鵬と琴奨菊が全勝 高安1敗に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
碧山(左)を突き落としで降す琴奨菊=東京・両国国技館で2016年1月16日、猪飼健史撮影
碧山(左)を突き落としで降す琴奨菊=東京・両国国技館で2016年1月16日、猪飼健史撮影

 大相撲初場所7日目の16日、白鵬と琴奨菊が盤石の相撲で全勝を守った。1敗で追う隠岐の海は土俵際の逆転で無敗だった高安に土をつけた。日馬富士も嘉風を降して1敗をキープ。豪栄道は松鳳山に3敗目を喫した。右足首捻挫の遠藤が休場。今場所4回目の満員札止めで、7日連続の大入りとなった。

力士ひとこと

 ●豪栄道 相手のペースだった。攻めないといけない。

 ○豊ノ島 右の前みつがいいところを取れた。相撲は腕力がなくても勝てる。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文670文字)

あわせて読みたい

ニュース特集