京都のNPO

難病啓発マンガ ネットで広がる共感

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ブログ「雨ニモ負ケズ病ニモ負ケズ」
ブログ「雨ニモ負ケズ病ニモ負ケズ」

 難病患者の社会的、経済的自立を支援するNPO「京都難病支援パッショーネ」(京都市右京区、上野山裕久理事長)が、ブログで啓発4コママンガを掲載している。半年間で約40本を公開し、反響の多さから「マンガは多くの人に難病の存在を知ってもらう有効な手段」と手応えを感じている。

 啓発マンガは、ブログ「雨ニモ負ケズ病ニモ負ケズ」(http://blog.livedoor.jp/kyotopassione/)で昨年7月から連載を始めた。メニエール病や重症筋無力症などの病名を表題とした4コママンガと、楽しく分かりやすい補足解説が並ぶ。日常のちょっとした困ったこと、世の中に伝えたいこと、病気のことでの失敗談など、難病患者自身の身近な出来事が描かれている。

 作品は、原作者16人と作画者9人の難病患者で作っている。難病を知らない人には興味を持ってもらえるように、難病患者には「分かる分かる」と共感してもらえるように心がけた。連載がフェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディアで話題になり、「同じしんどさが分かるし、読んでいても分かりやすい」、「難病患者自身が声をあげることは大事だから、ずっと続けてほしい活動」、「ぜひ私の経験もマンガにしてほしい」な…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文889文字)

あわせて読みたい

注目の特集