メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

学研ホールディングス・宮原博昭社長

学研ホールディングスの宮原博昭社長

IT活用で学力格差解消

 少子化に伴う国内市場の縮小で、事業の見直しを迫られている教育業界。学習塾事業などの海外展開や、学校向け教材のデジタル化などに取り組んでいる学研ホールディングスの宮原博昭社長に事業戦略などを聞いた。【聞き手・高橋慶浩】

 −−海外展開に力を入れていますね。

 ◆国内は少子化が進んでいる。成長するためには、70年にわたって培ってきた学習参考書などの教材や教育ノウハウを、子どもが増えていく海外で生かしていくことが重要になります。日本の方式の学習塾「学研教室」を、ミャンマー、韓国、マレーシアなどに“輸出”する形で展開しています。「分かるまで教える」という日本流の丁寧な教え方が現地で評価されています。現地の所得水準が上がっていることも、今後の事業展開で追い風になりそうです。また、日本で累計で4000万部を売り上げた幼児向けのドリルも全世界で本格的に売り出します。

 −−国内ではIT(情報技術)を活用した教育サービスに注力していますね。

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文1084文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです