メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

教員定数を考える/上 ビデオ授業で学校力補え 「教育改革実践家」藤原和博さんに聞く

※文部科学省調べ

 少子化で子どもが減る一方、学校が直面する課題は増え、複雑化している。そうした中で教員は何人必要なのか。教員定数の削減を求める財務省と、食い止めを図る文部科学省が繰り広げる攻防に終止符を打つ手はないのか。教育学者とは違った切り口で教育界に新風を吹き込む有識者2人に意見を聞いた。今回は、民間出身の校長として、進学塾と連携した夜間塾など公教育にさまざまな試みを仕掛け続けている「教育改革実践家」藤原和博さんの声を紹介する。【三木陽介】

 今の教員の年齢構成はいびつで、全国の公立小中学校では50代が最も多く約35%を占める。この世代は学…

この記事は有料記事です。

残り2365文字(全文2631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです