段ボールベッド

「真冬の避難所で宿泊」訓練…効果実証

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「厳冬期避難所訓練」で段ボールベッドの寝心地を試す参加者=北海道北見市の日本赤十字北海道看護大で2016年1月17日、山田泰雄撮影
「厳冬期避難所訓練」で段ボールベッドの寝心地を試す参加者=北海道北見市の日本赤十字北海道看護大で2016年1月17日、山田泰雄撮影

北海道・北見

 厳寒期の停電を伴う自然災害を想定した「厳冬期避難所訓練」が17日まで1泊2日の日程で、北海道北見市の日本赤十字北海道看護大であった。東日本大震災でも活用された「段ボールベッド」を使い、防寒の有効性を検証。約90人の参加者の大半がきちんと眠れたといい、効果が実証されたという。

 2010年から教官や学生らが冬の災害対応研究の一環として実施。簡易なシェルター…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

あわせて読みたい

注目の特集