メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード リベラルの自滅と暴言の自由=中森明夫

 村山富市元首相に公衆の面前で「あなたは原発の前で腹でも切ったほうがいいんじゃないか」と痛罵したことがある。3年前−−。

 当時の社民党党首・福島瑞穂参院議員とパートナーの海渡雄一弁護士の『脱原発を実現する』出版パーティーへ行った。会場は社民リベラル、脱原発一色だ。が、来賓の挨拶を聞いて、こりゃダメだ!?と思った。

 口先ばかりの御正論のオンパレードで、現実は安倍自民党政権は安泰、社民党は消滅寸前ではないか? その…

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです