メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
志摩・成基小

思い出刻み、校歌を木彫り 今春閉校、140年の歴史伝えよう 統合の磯部小に飾る /三重

自分が彫った校歌の板を指さす児童たち=志摩市磯部町の成基小で

442枚の板そろいレリーフに

 今春に閉校する志摩市磯部町山原の市立成基小学校で18日、同小の校歌を刻んだ442枚の板が出そろった。140年の学校の歴史を伝えようと27人の児童や保護者、卒業生らが1年余りをかけて彫り上げたもので、木彫りの校歌を取り囲んだ児童たちの表情は誇らしげだった。

 同小は1876(明治9)年に寺子屋を改称して創立。1937年に現在地に移転し、地域の教育・文化の中心として歩んできた。ところが過疎の進行で児童数が激減し、最盛時に比べ5分の1に減ってしまった。今春に近くの磯部小と統合するため閉校となる。

 木彫りの校歌の制作は、地域の再編準備会で話し合う中で決まった。10センチ四方の板442枚をつなぎ合…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文746文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです