メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院・合区選挙

福島氏が出馬表明 無所属、野党共闘も 要請の民主は推薦へ /鳥取

今夏の参院選「鳥取・島根」選挙区への立候補を表明した福島浩彦氏=鳥取県米子市のホテルで、小松原弘人撮影

 今夏の参院選「鳥取・島根」選挙区で18日、民主党鳥取、島根両県連などから出馬要請を受けていた米子市出身の元消費者庁長官、福島浩彦氏(59)が無所属での立候補をようやく表明した。同選挙区では他にも自民党現職の青木一彦氏(54)▽共産党新人の遠藤秀和氏(37)▽幸福実現党新人の国領豊太氏(34)の3人が出馬を予定するが、共産が遠藤氏を取り下げて福島氏支援に回る「野党一本化」の可能性もある。迎え撃つ自民も青木氏の鳥取県内での活動を本格化させており、臨戦ムードが一気に高まった。【真下信幸、小松原弘人、李英浩】

この記事は有料記事です。

残り1677文字(全文1931文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです