メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院・合区選挙

「野党一本化」の可能性 福島氏、無所属で出馬表明 /島根

石破茂氏(右端)、舞立昇治氏(右から5人目)、竹内功氏(同3人目)らと並んで街頭演説をする青木一彦氏(同4人目)=JR鳥取駅前で

 今夏の参院選「鳥取・島根」選挙区で18日、民主党鳥取、島根両県連などから出馬要請を受けていた鳥取県米子市出身の元消費者庁長官、福島浩彦氏(59)が無所属での立候補をようやく表明した。同選挙区では他にも自民党現職の青木一彦氏(54)▽共産党新人の遠藤秀和氏(37)▽幸福実現党新人の国領豊太氏(34)の3人が出馬を予定するが、共産が遠藤氏を取り下げて福島氏支援に回る「野党一本化」の可能性もある。迎え撃つ自民も青木氏の鳥取県内での活動を本格化させており、臨戦ムードが一気に高まった。【真下信幸、小松原弘人、李英浩】

この記事は有料記事です。

残り1681文字(全文1938文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです