メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院予算委

「改憲の必要性共有」 首相、おおさか維新に秋波

 安倍晋三首相は18日の参院予算委員会で、憲法改正について「私たち自身の手で憲法を書いていくことこそ、新しい時代を切り開いていく精神につながると確信している」と意欲を示した。おおさか維新の会の片山虎之助共同代表の質問に答えた。首相はさらに「おおさか維新の会とも憲法改正の必要性、責任感を共有しているのではないか」と述べ、改憲に前向きな同党に秋波を送った。

 ただ、改正項目については「衆参3分の2以上による発議の後、国民投票によって決するのが憲法改正の大きな特徴だ。国民の理解が不可欠であり、具体的な改正内容や時期も国会や国民的議論の深まりの中でおのずと定まってくる」と述べるにとどめた。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです