メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
地球ING・進行形の現場から

第24回 若者の薬物・アルコール依存

マンションが建ち並ぶ首都ティンプーの街並み。今も建設ラッシュが続いているという=金子淳撮影

都市化で深まる社会的孤立

 国民総幸福量(GNH)の増大を国家理念に掲げるヒマラヤの小国ブータンで、若者の薬物依存や高い自殺率が問題となっている。経済発展に伴い都市化が急速に進んだことが背景にあるとみられる。昨年のGNH調査では9割以上が「幸福」と答えたが、「社会的孤立」が深まっているとの指摘も出た。「ブータンだって他国と同じ普通の国だ。誰もが幸せなわけではない」−−。「幸福の国」を歩くと、そんな声も聞こえてきた。

 門をくぐると、寒空の下、ジャンパー姿の男性たちが工具を使って木工作業に汗を流していた。西部パロ郊外…

この記事は有料記事です。

残り2826文字(全文3084文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです