メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球ING・進行形の現場から

第24回 若者の薬物・アルコール依存

マンションが建ち並ぶ首都ティンプーの街並み。今も建設ラッシュが続いているという=金子淳撮影

都市化で深まる社会的孤立

 国民総幸福量(GNH)の増大を国家理念に掲げるヒマラヤの小国ブータンで、若者の薬物依存や高い自殺率が問題となっている。経済発展に伴い都市化が急速に進んだことが背景にあるとみられる。昨年のGNH調査では9割以上が「幸福」と答えたが、「社会的孤立」が深まっているとの指摘も出た。「ブータンだって他国と同じ普通の国だ。誰もが幸せなわけではない」−−。「幸福の国」を歩くと、そんな声も聞こえてきた。

 門をくぐると、寒空の下、ジャンパー姿の男性たちが工具を使って木工作業に汗を流していた。西部パロ郊外…

この記事は有料記事です。

残り2826文字(全文3084文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです