メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球ING・進行形の現場から

第24回 若者の薬物・アルコール依存 ウゲン・ペンジョル氏インタビュー

ウゲン・ペンジョル氏

「幸せ」追求へ環境を整備 ブータン唯一の日刊紙クエンセル編集主幹、ウゲン・ペンジョル氏

−−近年の発展で社会はどれほど変わりましたか。

 ◆首都郊外でも2006年ごろまでは田んぼでしたが、農民たちが土地を売ってマンションを建てるようになり、風景は完全に変わりました。住民の価値観も変化しています。例えば1月2日は「ニロ」という新年を祝う日で、子供たちが村内の各戸を巡って祝福の歌を歌う慣習があります。そしてお礼に食べ物をもらい、外へ遊びに行くのです。ところが、5〜6年前から首都近郊ではこの伝統は消えてしまいました。子供たちは恥ずかしがってやらなくなり、代わりにジーンズを着て町を歩くようになったのです。商業主義が広まり、お金の価値が明らかに高まりました。多くの人が村を出て都市を目指すのもそのためです。これにより、耕作放棄地ができ、大きな問題となっています。

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1188文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  3. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. コトバ解説 「デマ」と「ガセ」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです