メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球ING・進行形の現場から

第24回 若者の薬物・アルコール依存 ウゲン・ペンジョル氏インタビュー

ウゲン・ペンジョル氏

「幸せ」追求へ環境を整備 ブータン唯一の日刊紙クエンセル編集主幹、ウゲン・ペンジョル氏

−−近年の発展で社会はどれほど変わりましたか。

 ◆首都郊外でも2006年ごろまでは田んぼでしたが、農民たちが土地を売ってマンションを建てるようになり、風景は完全に変わりました。住民の価値観も変化しています。例えば1月2日は「ニロ」という新年を祝う日で、子供たちが村内の各戸を巡って祝福の歌を歌う慣習があります。そしてお礼に食べ物をもらい、外へ遊びに行くのです。ところが、5〜6年前から首都近郊ではこの伝統は消えてしまいました。子供たちは恥ずかしがってやらなくなり、代わりにジーンズを着て町を歩くようになったのです。商業主義が広まり、お金の価値が明らかに高まりました。多くの人が村を出て都市を目指すのもそのためです。これにより、耕作放棄地ができ、大きな問題となっています。

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1188文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. クルーズ船待機 危機感薄く、感染広がり…いらだつ政府高官 内閣支持率への影響懸念も

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです