メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鎌倉大仏

55年ぶり 保存修理工事準備が整う

保存修理工事の準備がほぼ整った銅造阿弥陀如来坐像(鎌倉大仏)=神奈川県鎌倉市で2016年1月18日、本社ヘリから喜屋武真之介撮影

 神奈川県鎌倉市の国宝・鎌倉大仏(銅造阿弥陀如来坐像=あみだにょらいざぞう)で55年ぶりに実施される保存修理工事の準備が、18日ほぼ整った。大仏の周囲は足場となる鉄材で覆われ、ロボットが空へ飛び立つSF映画の一コマを思わせる外観。拝観者らは珍しい光景を興味深く見つめていた。

 大仏は1959年から2年半がかりで「昭和の大修理」が実施さ…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです