メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキーバス転落

経験不足、運転手に「一般道を走るな」

スキーバスが転落した現場に献花し、手を合わせる人たち=長野県軽井沢町で2016年1月16日午後0時56分、森田剛史撮影

運行会社が指示 理由は「一般道は慣れが必要なので」

 14人が死亡した長野県軽井沢町のスキーツアーバス転落事故で、運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)は、事故当時運転していた土屋広運転手(65)の大型バスの経験不足を懸念し、一般道を走らないよう指示していた。採用後、大型バスに乗車させて研修をしたとも説明しているが、国土交通省は教育体制が十分だったか確認している。

 過去に7〜8年勤務したバス会社によると、土屋運転手は主に車体の長さ9メートルの中型バスを運転してい…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  2. 科学の森 新分子で「魔女の雑草」撲滅を アフリカ食糧問題に光明

  3. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  4. 米グーグルに逮捕歴の削除命じる 札幌地裁、不起訴の男性が求める

  5. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです