ブラックバイト

バーと大学生が和解 解決金200万円で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

仙台地裁の労働審判

 一昨年8月から昨年2月まで計7カ月間無給で働かされたとして、仙台市青葉区のバーでアルバイトをしていた20代の男子大学生が未払い賃金など約210万円の支払いを男性経営者に求めた仙台地裁の労働審判で、経営者が解決金200万円を学生に支払うことで和解が成立した。和解は15日付。学生の代…

この記事は有料記事です。

残り85文字(全文235文字)

あわせて読みたい

注目の特集