メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

「4大大会優勝者も八百長、8選手全豪出場」報道

 【メルボルン(オーストラリア)浅妻博之】テニスのウィンブルドン選手権を含めたトップクラスの国際大会で八百長が行われた可能性があると、英BBC放送(電子版)が17日に報じた。

 男子ツアーを統括するATPが2007年に行った調査資料を入手したところ、過去10年で、世界ランキング50位以内の16選手に故意に負けた疑いがあり、4大大会優勝者も含まれていることが発覚したという。調査が十分になされなかったために16選手がプレーを続け、うち8選手は18日開幕の全豪オープンに参加しているとも指摘した。

 ATPのクリス・カーモード会長は18日、全豪オープン会場のメルボルン・パークで記者会見し、「八百長の証拠を隠したり、十分な調査が行われなかったりしたということを否定する」と強調。「新しい情報があればいつでも調査する。いかなる不正も許さない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです