メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南野陽子

デビュー30周年を迎えコンサート 「アイドル出身」も武器に

「当初は5年で辞めて、お嫁に行くつもりだったんですけど」と笑って話す南野陽子=大阪市北区で、川平愛撮影

 女優の南野陽子がデビュー30周年を迎えたのを記念して来月、四半世紀ぶりにソロコンサートを開く。「アイドル歌手だったのはわずか5年なのに、みなさんの記憶には当時のイメージが残っているようです。『もう歌わないの?』と聞かれると、許されるならもう一度歌いたいと思いました」

 「はいからさんが通る」や「吐息でネット」など全シングル曲とカップリング曲を網羅した5枚組みCD「ゴールデン☆アイドル」を先月、発表した。「アイドル時代は本当に充実していた。どの曲にも思い出があるので、形になってうれしい」とほほ笑む。

 番組観覧に行った大阪のテレビ局でスカウトされたのをきっかけに1985年、高校3年でデビューした。「友達に自慢したいという程度の軽い気持ちだったので、それからが大変でした。歌っていても居心地が悪く、芝居をしても『どうせアイドルでしょ』と見られる。私の本当の居場所はどこだろうと思っていました」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1182文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. ORICON NEWS “カメラマン”深川麻衣「意識したのは声の掛け方」 メイキング写真が解禁

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです