メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京の人今日の人

ちりめん街道の歌を作詞・作曲、宇野準一さん /京都

 生まれ育った与謝野町は丹後ちりめんの産地。自宅のある旧野田川町内は、1960年代には織物関連の事業者が7割近くに上った。小学生のころは機屋がひしめき合い、家々から「ガシャン ガシャン」と響く音が響いた。

 ♪機音ひびく まちの角 きもの姿の 二人づれ−−。

 そぞろ歩きのげたの音と通りを行き交う着物姿の男女の背中。記憶の中にあるそんな光景をつづって歌にした。いわば、ご当地ソングだ。

 音楽との付き合いは高校時代から。フォークソングのグループを結成して吉田拓郎の歌を演奏する一方で、オリジナルソングにもチャレンジした。二十歳のころには「国道9号線を北へ北へ」という曲を作った。都市部に若者がどんどん出て行った時代。宮津や与謝郡の美しい景色と豊かな食をプロモーションしようと試みた。

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 死者が出ないと動かないのか 厳罰化と加害者の情報開示を スマイリーキクチさん

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです