メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京の人今日の人

京都市聴覚障害者協会会長・中山昌一さん /京都

 「条例ができれば手話は言語だと認められる。手話への理解が広がるのではないか」。約350人が所属する京都市聴覚障害者協会会長、中山昌一さん(63)=右京区=は昨年12月、手話通訳者を介して、記者に熱い思いを伝えた。

 同協会によると、2013年現在、市内には「聴覚・平衡機能障害」の障害者手帳を持つ約6500人がいる。手話を第一言語としている人は1〜2級(約2000人)に多い。他の等級や手帳を持たない人にも手話を使う人がいるという。

 京都市では日本で初めての障害者教育施設「京都盲唖(もうあ)院」(1878年)ができたり、全国初という手話サークルが設立されるなどしてきた。聴覚障害者を取り巻く環境は先進的と言える。しかし、「声をかけたのに無視されたとの誤解を受ける」「耳が聞こえないことを知らせても先方から離れていく」「音声情報量と視覚による情報量に大きな差があり、手話による情報は皆無に近い」−−など、聴覚障害者の悩みは尽きない。…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです