メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フェイス

OSK日本歌劇団 桐生麻耶さん、舞美りらさん /大阪

OSK日本歌劇団、桐生麻耶さん(右)と舞美りらさん=関雄輔撮影

ネット発の歌を悲劇に

 90年以上の歴史を誇る名門「OSK日本歌劇団」。近年は漫画やアニメの世界(2次元)と3次元の舞台を融合した“2・5次元”風のミュージカルなど、新しい表現にも積極的に取り組んでいる。

 男役スターの桐生麻耶さんと娘役の舞美りらさんが出演する新作「カンタレラ2016〜愛と裏切りの毒薬〜」は、動画配信サイト「ニコニコ動画」に投稿され、大ヒットした歌が原作。「カンタレラ」「サンドリヨン」「パラジクロロベンゼン」の3曲で、いずれも「ボーカロイド」と呼ばれる音声合成ソフトが歌う。

 桐生さんは「人間向けに書かれた曲ではないので、息継ぎの間が無いなど、とにかく難しい」と苦心を語る。…

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文904文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです