メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良市

仲川げん市長に聞く 市の現状と展望 歴史と伝統まちづくりに生かす /奈良

 2016年の新年がスタートした。県都・奈良市は少子高齢化など他自治体と同様の課題を抱える一方、歴史や文化に裏打ちされた多くの観光資源を持つ都市として可能性も秘める。仲川げん市長に現状と展望を聞いた。【聞き手=奈良支局長・岩崎日出雄】

観光

 −−14年に奈良市を訪れた観光客は1414万3000人で、前年比2・52%の微増だった。

 仲川市長 市の受け入れ態勢には今のところ限りがあるので、観光客の数を増やすことを考えるだけではなく…

この記事は有料記事です。

残り2547文字(全文2761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです