メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良市

仲川げん市長に聞く 市の現状と展望 歴史と伝統まちづくりに生かす /奈良

 2016年の新年がスタートした。県都・奈良市は少子高齢化など他自治体と同様の課題を抱える一方、歴史や文化に裏打ちされた多くの観光資源を持つ都市として可能性も秘める。仲川げん市長に現状と展望を聞いた。【聞き手=奈良支局長・岩崎日出雄】

観光

 −−14年に奈良市を訪れた観光客は1414万3000人で、前年比2・52%の微増だった。

 仲川市長 市の受け入れ態勢には今のところ限りがあるので、観光客の数を増やすことを考えるだけではなく、奈良市の素材を生かした奥行きのある観光を提供することに力を入れている。奥深いものをテーマとして取り上げることで観光客の滞在時間や消費額を増やせる。

この記事は有料記事です。

残り2473文字(全文2761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです