メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒシの外皮

特許取得 メタボ予防、血圧上昇抑える成分 神埼市と西九州大、安田教授ら研究実る /佐賀

特許を取った「酵素活性阻害剤」の発見に中心になって取り組んだ安田教授

 神埼市と西九州大(同市神埼町尾崎)は19日、市特産のヒシの外皮にメタボ予防や血圧上昇を抑える成分があることを突き止め、特許を取得したと発表した。同大健康栄養学部の安田みどり教授(45)=食品機能学=らの研究が認められた。外皮を使ったヒシ茶などを機能性食品として開発中で、今後販売していきたいという。

 安田教授らが確認したのは、ヒシの外皮に含まれる成分が、中性脂肪を血中に吸収されやすくする酵素(リパーゼ)と血圧を上げる酵素(ACE)を阻害すること。…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです