メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こいのぼり

世界に一つだけ…手作り、早くも大忙し 埼玉

手描きのために1本の製作に1〜3カ月かかるため、1月から大忙しのこいのぼり作り=埼玉県加須市の橋本弥喜智商店で2016年1月12日、後藤由耶撮影

 こいのぼりの生産地として知られる埼玉県加須市にある、県内で唯一という手描きのこいのぼり作りをする橋本弥喜智商店では、色つけなどの作業に大忙しだ。1本の完成までに1〜3カ月もかかるといい、5月の端午の節句を前に職人らが作業に追われている。

 同店は1908(明治41)年創業で、生地となる木綿の裁断から顔料での色つけ、口輪の装着までを一本一本丹念に行う。3代目の橋本隆さん(75)は「手作りなので、二度と同じものはできない。子どもにとって世界でただ一つで、日本一のこいのぼりを作っています」と話す。問い合わせは同店(電話0480・61・0371)。【後藤由耶】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです