メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキーバス転落

防御できず頭損傷、即死状態…検案の医師

 15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーツアーバス転落事故で、遺体の死因などを確認する「検案」を担当した軽井沢病院副院長、中村二郎医師(52)が取材に応じ、犠牲者が防御姿勢をとれないまま頭部などを損傷、ほぼ全員が即死状態だったことを明らかにした。大量出血や全身骨折など他の外傷は少なかったといい、犠牲者が瞬間的にかなり大きな衝撃を受け、致命傷を負ったとみている。

 事故発生時、中村医師は病院近くの宿舎にいて、県警軽井沢署で検案を任された。死因は頭蓋(ずがい)内損傷が9人、頸椎(けいつい)損傷が4人で、残る2人は全身強打だった。少なくとも14人が脳や首の骨に致命傷を負っていたが、ほとんどの遺体は頭や首、肩に目立った傷や内出血が1、2カ所ある程度。「顔もきれいな人ばかり。外見の傷と体内に受けたダメージの落差を感じた」と中村医師は話す。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです