民主山井元国対委員長

収支報告 囲む会収入3年記載なし

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
民主党の山井和則氏=小関勉撮影
民主党の山井和則氏=小関勉撮影

 民主党の山井和則・元国会対策委員長(衆院京都6区)の後援会が2012〜14年に開いた会合で、後援会の政治資金収支報告書に「会場使用料」計約764万円の支出が記載されているのに、会費収入の記載がないことが分かった。政治資金規正法は政治団体の収支の記載を義務付けており、山井氏側は記載ミスを認め、報告書の訂正を届け出た。

 京都府の「やまのい和則後援会」の収支報告書によると、毎年開く「山井和則を囲む会」などの会場使用料として、12年に約255万円▽13年に約248万円▽14年に約261万円−−が支出されているが、対応する会費収入の記載はない。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文609文字)

あわせて読みたい

注目の特集