電力自由化

KDDI、関電と提携し販売

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「auでんき」をPRするKDDIの石川雄三専務(左)と菅田将暉さん=2016年1月19日、村田由紀子撮影
「auでんき」をPRするKDDIの石川雄三専務(左)と菅田将暉さん=2016年1月19日、村田由紀子撮影

 KDDI(au)は19日、4月からの電力小売り全面自由化を前に、電気と携帯電話料金のセット割引プラン「auでんき」を発表した。月額電気料金に応じて電子マネー「auウォレット」にポイントを還元する仕組みで、関西電力と業務提携し、関電管内では電気使用量が多い家庭の還元率を全国の他地域より7ポイント高め、12%(1年間限定)とした。

 電気の契約者か同居する家族がauの携帯電話利用者であることなどが条件で、沖縄や一部の離島を除く全国が対象。auショップやKDDIのホームページで20日から申し込みを受け付ける。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文439文字)

あわせて読みたい

ニュース特集